【キングダム ネタバレ 最新話603話】オウセン軍とリボク軍が激突!ギョウウンとチョウガリュウがやらかす【ヤングジャンプまとめ】|アニコパス アニメ漫画のネタバレ感想 海外の反応まとめ

アニコパス アニメ漫画のネタバレ感想 海外の反応まとめ

おすすめ大人気アニメ、ジャンプやマガジンなどの漫画の最新話のネタバレ含む感想、考察(Twitter、5ch)、海外の反応をまとめています。もっとアニメと漫画が楽しくなるアニメ漫画の専門ブログ!早売りバレ、画像を含む画バレなど悪影響のある情報は掲載しません。

【キングダム ネタバレ 最新話603話】オウセン軍とリボク軍が激突!ギョウウンとチョウガリュウがやらかす【ヤングジャンプまとめ】

キングダム ネタバレ 603話 オウセン軍とリボク軍が激突!ギョウウンとチョウガリュウがやらかす


2019年6月13日(木)発売号週刊ヤングジャンプ掲載の『キングダム』最新話第603話「十五日目の異変」についてのネタバレ感想まとめです。【キングダム604話ネタバレヤングジャンプ画バレ伏線早売り】
早売りバレ、画像バレの掲載はありませんがコミック派の方はネタバレ注意。

キングダム 最新話第603話「十五日目の異変」 ネタバレあらすじ

秦趙中央軍同士の開戦直後、攻撃に布陣を急転させるリボク軍。オウセンの企みが蠢く。

リボクの急な布陣変更に大慌てな兵たち。

煽り 戦局は今、大きく動く─。

ギョウからの急報を受けるリボクたち。

ギョウは食糧を焼かれ飢えからくる暴動で内部崩壊し半日を待たずして陥落すると予想される。

その事実に衝撃を受ける金毛たち。

伝令は猶予はなく今すぐに南下しギョウを包囲する桓騎軍を討ち城を解放してくださいと言う。

朱海平原で勝っても肝心のギョウを落とされては意味がないと考える金毛。

しかし「猶予はあります」と言い切るリボク。

ギョウから中継地のカンタンまで鳥を飛ばしそこから朱海平原に早馬が届くまで丸一日。

ギョウが難民に与える食糧を全て失っていたとしても季伯は賢人。

最低でも三日は暴動を抑えることが可能。

これを加味すると最短の猶予はあと二日。

今日 オウセン軍を倒しギョウへ一日で行き桓騎軍を討つ!と宣言するリボク。

こうしてリボクは陣形を大鶴に変えた。

「やってくれましたね、オウセン」


リボクが大鶴を命じたことでリボク様が今日で決着をつける気だと確信するカイネたち。

秦将軍は罠かもしれないと推測する。

もし急ぐ理由ができたとしたら間違いなくそれはギョウ。

オウセン様が何かしたのだろうと考える秦将軍たち。

「本当に…恐ろしい方だ…」

戦場を見つめるオウセン。

「列尾を越える時 あの時 描いた勝機がようやく形を成して浮かび上がった。あとは手に取るだけだ。リボクを討つ!こちらも全面攻撃の陣に移れ」


秦右翼。

カリョウテンの予想の上をいく趙左翼の抵抗。

しかしそれのさらに上をいく秦右翼の勢い。

馬南慈が退くぞと兵たちに言う。

ギョウウンにも伝令を送る。

それに歓喜する秦兵だが、あれは戦略的目的があって退いただけだとカリョウテンが言う。

馬南慈軍は友軍として重圧をかける気だと予測するカリョウテン。

しかし馬南慈の伝令を無視しギョウウン軍とチョウガリュウ軍が前進してくる。

「飛信隊 信と玉凰 オウホンを捜せ。死に損ない二人を捜せェっ!!」

想定外が続く十五日目。互いに時間の猶予を失った両軍の激突は更に激しさを増し!?

次号、攻撃陣形のリボク軍に対し、オウセン軍は…!?

ブログ記事に含まれる転載、引用元は2ちゃんねる及びTwitterになります。

掲載方法はそれぞれのガイドラインに即したものになります。

2019年06月13日|コメント:0
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

Copyright © アニコパス アニメ漫画のネタバレ感想 海外の反応まとめ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます