源君物語 ネタバレ 最新話347話 やっちゃえ姉さんwww六条美也と桐山葵の公道バトル(イニD風)が始まる!?


2019年6月13日(木)発売号週刊ヤングジャンプ掲載の『源君物語』最新話第347話「静かで良い所」についてのネタバレ感想まとめです。【源君物語348話ネタバレヤングジャンプ画バレ伏線早売り】
早売りバレ、画像バレの掲載はありませんがコミック派の方はネタバレ注意。

源君物語 最新話第347話「静かで良い所」 ネタバレあらすじ

煽り なぜ笑うんだい?

源内先生に呼び出されたヒロインたち。

六条が一人でニコニコと笑っている。

それを見て六条美也は香子の居場所を知っていると考えられない?と言う源内先生。

「六条美也の手によって香子を監禁しているから」

香子さんが鎖で繋がれてるイメージ。

あの人ならありえると言う光海。

しかし源内先生が六条の家を誰かに調べさせたところ無人だった。

(ど…どうやって調べ…)


光海が一か所だけ心当たりがある場所を思いつく。

香子さんのオープンカーを借りそこへ向かう光海。

そこは香子さんと二人で泊まった占い郷の近くの源氏園というホテル。


こっそり源内宅を抜け出す六条と桐山。

六条が光海を追いかけ連れ去るのを察知した桐山が勝負を持ち掛ける。

「私と車で勝負してあなたが勝てたらあなたの応援してあげる」

「場所は?」

ニヤリとする桐山。

煽り やっちゃえ姉さん。

次号、エンジンはきっちり回せ!!