ゴールデンカムイ ネタバレ 最新話202話 杉元と月島の連携作戦炸裂!悪夢と化した杉元にヴァシリは勝ち目なし

ゴールデンカムイ関連公式サイト

ゴールデンカムイ公式サイト

ゴールデンカムイ アニメ公式サイト

となりのヤングジャンプ

2019年6月13日発売号週間ヤングジャンプ掲載の『ゴールデンカムイ』最新話第202話「狙撃手の悪夢」のネタバレ、感想、考察まとめです。【ゴールデンカムイ第203話ネタバレ最新話画バレ考察予想】
画バレ(画像バレ)、早売りバレなどの掲載はありません。コミック派の方はネタバレ注意です。

ゴールデンカムイ ネタバレ最新話202話「狙撃手の悪夢」 あらすじ

扉絵は顔上半分以外真っ黒の杉元。

扉絵煽り その日は、幸せな日。その日は、必ず何か不幸ではないことが起きる。その日は、楽しまなくてはいけない13日の木曜日。


煽り 味噌の功名、皆の光明。

生きていたヴァシリに襲撃される杉元一行。

月島が杉元が建物の隙間を走って行くのが見えたと鯉登に言う。

襲撃者が尾形だと思っている鯉登は「尾形が杉元を見落とすなんて」

と言う。

足を打たれた倒れている白石に月島がこっちに来いと叫ぶ。

「おいシライシッ。なんとか自分でこっちに来い。手当しないと失血死するぞッ」

しかし白石は「うるせぇ!はなから助けなんか借りるつもりはねえよッ」と月島の言葉を突っぱねる。

白石は足を布で締め応急措置をしている。

アシリパさんは橇を押して白石に近づき助けようと言う。

しかしダメだと言う谷垣。

狙撃手が尾形だとしたら狙いはアシリパさんのため。

「それでも助けるッ」と強いアシリパさん。

アシリパさんに来るなッと言う白石。

白石はロシアのお菓子で犬たちを釣ろうとする。

しかしエノノカたちがイヌを抱きしめ行かせまいとする。

「俺より犬がだいじかッ!!」

電線に止まるカラスを発見し何かを思いつく白石。

白石が口噛み団子用に持っていたお米を地面に撒く。

お米をばらまいてカラスに紛れて逃げようとする白石。

しかし雀たちが寄ってきて作戦失敗。


望遠鏡で白石のことを見ているヴァシリ。

『あの男覚えている。間違いなくあの場にいた。出てこい。私は死ねなかったぞ。あの時の続きをしよう』

ヴァシリの脳裏には銃を構える尾形の姿。


月島が銃に帽子を引っ掛け荷物から出しヴァシリに狙撃させている。

月島を見て「からかって遊んでいるのか?」と不思議そうにしている谷垣。

月島は連携作戦のためにこちらに注意を向けさせようとしていた。

「誰との?」とアシリパさん。

狙撃手の優位な点は相手の射程範囲外から攻撃できること。

気づかないうちに距離を詰められるのは怖い。

ましてやそれが不死身の杉元なら悪夢。

そう説明する月島。


杉元がヴァシリの潜む建物に侵入。

何者かが建物に入ってきた気配を察知するヴァシリ。

(すぐそこにいる…熊が草むらに潜んでいる気配がするように…何か…凶暴なものが飛びかかろうとこちらを伺っている)

襖の向こうに杉元の気配。

杉元は相手に一発撃たせようとしている。

次弾を装填し引き鉄に指をかける僅かな時間で懐に飛び込む。

杉元の銃では一発命中させたとしても即座に撃ち返されてしまう。

確実に相手の動きを止めるには白兵戦に持ち込むしかない。

(尾形…俺の手でカタを付けてやる!!)

襖を開け飛び込んでくる杉元に即発砲するヴァシリ。

しかしそれは鏡に映った杉元だった。

中へ突入する杉元。

が、ヴァシリは接近戦用にリボルバー式の拳銃を装備していた。

杉元は先ほど買った味噌を投げヴァシリの顔面にヒットさせる。

拳銃を銃で叩き落とし「誰だよテメェ」と言いながら銃剣を顔面に向かって突き立てる。

ヴァシリは味噌の箱でガード。

すぐさま立ち上がり逃げるヴァシリ。

(距離だ!!距離さえあれば私は負けない…)

しかし襖を突き破り生えてくる杉元の腕に胸倉を掴まれ引っ張られる。

杉元に投げられ畳の上に叩き伏せられトドメの一撃を受けそうになるヴァシリ。

ヴァシリの胸元から尾形の似顔絵が出てきて動きを止める杉元。

「なんだよこれ…お前が描いたのか?」

煽り 狙撃手は目が良い。

次号、味噌は時として凶器になる。