はじめの一歩1265話ネタバレ

週間少年マガジン連載中の『はじめの一歩』最新話第1265話「ゴートの実力」のネタバレ感想、考察をまとめています。2019年6月12日発売。週刊少年マガジンのネタバレ。【はじめの一歩ネタバレ1266話ネタバレ最新話画バレ考察予想】
画バレ(画像バレ)、早売りバレなどの掲載はありません。コミック派の方はネタバレ注意です。

はじめの一歩関連公式サイト

はじめの一歩 アニメ公式サイト
はじめの一歩 マガメガ

はじめの一歩関連公式ツイッターTL

はじめの一歩 最新話第1265話「ゴートの実力」 ネタバレあらすじ

鷹村のミドル級防衛戦の記者会見が終了する。

ジムへ帰る鴨川チーム。

泰平と金田はWBA、WBCのベルトが入ったケースを持っている。

一歩が防衛戦の自分たちの役割について話す。

「セコンドは前の三人(鴨川、八木、篠田)がやってくれる。僕たちはその後ろで待機、サポート部隊だ。リングコスチューム、ベルトの上げ下げ、水や氷の補充。大量に使う事態になるかもしれないからね」

大量に使う事態という言葉に反応する泰平と金田。

サポートでもリングサイドで試合を観れることは幸運と思った方がいいと言う一歩。

鷹村は日本のエースで世界中から注目されている特別なボクサーだからと。


翌日の国技館。

篠田はゴートについてアウトボクサー寄りのファイターだと言う。

実況者は左の名手だと言う。

左の名手だがサウスポーというわけではない。

そしてゴング。

ゴートの凄まじく速い左が鷹村の顔面をとらえる。

「鷹村のエンジンがかかる前に制御しようという腹じゃ。勇敢にして効果的!」と鴨川会長。

鷹村は距離を詰めようとサイドから接近しようとする。

しかしゴートは右ショートアッパーで鷹村を迎撃する。

ゴートの左が次々に鷹村の顔面をとらえていく。

鷹村は戦い方を変えガードを上げて固める。

それに驚く板垣、青木、金田。

「余裕がないってことか!?」と青木。

無言の一歩。

巻末コメント 出てきたよ大人になったカブトムシ。