チェンソーマン ネタバレ 最新25話 姫野先輩死亡!?パーカー女の蛇が強すぎる デンジVSヤクザ孫

2019年6月10日発売号週間少年ジャンプ掲載の『チェンソーマン』最新第25話「ゴースト・ヘビ・チェンソー」のネタバレ感想考察まとめです。『チェンソーマン第26話ネタバレジャンプ画バレ早バレ考察まとめ』
出版社に悪影響しかない画バレ(画像バレ)、早売りバレなどの掲載はありません。コミック派の方はネタバレ注意です。

チェンソーマン ネタバレあらすじ 第25話「ゴースト・ヘビ・チェンソー」

扉絵はたくさんの花に埋もれる姫野。

煽り 絶望の淵 全てを捧げ 瞬間咲き誇る─…。


煽り 溢れ出る鮮血…!

ヤクザ孫にワンパンされ胸が出血、倒れるアキ。

デビルハンターのスーツは頑丈、トドメをさしてとヤクザ孫に言うパーカー女。

パワーに「私はいいから…アキ君を助けて…」と頼む姫野。

パワーは敵の動きが見えなかったためそれは無理じゃと困った顔をしている。

ゴーストの右手を呼び出す姫野。

が、「イヤだ。あの女…恐ろしい…」とビビるゴースト。

姫野は急に手と鼻を押さえる。

鼻と口から突如出血。

アキの姿を見て「私の全部をあげるから…ゴーストの全部使わせて…」と言う姫野。

ゴーストの右手についた口が笑う。


ゴースト本体が姿を現す。

おじさん?おばさん?のような顔で笑っている。

長いくせ毛で胴体の部分が花で覆われている。

足は無数に生える手。

ヤクザ孫と戦う姫野の独白。

『アキ君は泣くことができる。デビルハンターは身近な死に慣れすぎて涙が出なくなる。でもアキ君はすぐ泣く。面倒見てた新人が死んだ時なんかは隠れて泣いてたから面白かった。…あれだけ思って泣いて貰えたら嬉しいだろうな』

次の瞬間、姫野の右腕が消失。

ゴーストの無数の手がヤクザ孫を襲う。

ヤクザ孫がパーカー女に助けを求める。

前に手をかざすパーカー女。

ゴーストの顔面がヤクザ孫に肉薄する。

姫野の左腕が消失。

姫野を見るアキ。

「…っ、アキ君は死なないでね…私が…死んだ時さ…泣いてほしいから…」

パーカー女が「ヘビ、丸飲み」と言って蛇を召喚、ゴーストを瞬殺。

「帰れ」と言って蛇を帰すパーカー女。

場には姫野の衣服だけが残されている。

姫野の眼帯アップ、アキの絶望顔。


パワー逃走。

それを指摘するヤクザ孫だが目的はデンジの心臓のためスルー。

わずかに残ったゴーストの手がデンジの紐を引く。

チェンソーモードで復活するデンジ。

ヤクザ孫たちが悪い奴だってことはわかったぜと言うデンジ。

「悪いヤツぁ好きだぜ~?ぶっ殺しても誰も文句言わなねえからなあ~」

ヤクザ孫は「もう一回殺してやるよ」と言い構える。

煽り 衝突する殺意…!