ヒロアカ 231話 ネタバレ ホークスがベストジーニストを殺害!?スピナーも覚醒くるか トゥワイスVSデストロ

2019年6月10日発売号週間少年ジャンプ掲載の『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』最新第231話「道」のネタバレ感想考察まとめです。『ヒロアカ第232話ネタバレジャンプ画バレ早バレ考察まとめ』
出版社に悪影響しかない画バレ(画像バレ)、早売りバレなどの掲載はありません。コミック派の方はネタバレ注意です。

ヒロアカ ネタバレあらすじ 第231話「道」

煽り ギガントマキア 巨大な力が戦地へ向かう…!!

ドクターに起こされたギガントマキア。

鼻をスンスンさせ死柄木の匂いを感知、そこへ向けてものすごい勢いで飛んでいく。


同時刻、大阪。

ビルの上に座っているホークス。

後ろに何かが入った大きな黒いバッグ。

荼毘との約束の時間だが連絡がつかない。

HNにも連合関連の事件、目撃情報が上がっていないため不穏に感じてるホークス。

ベストジーニスト失踪のニュースが流れている。

サイドキックたちとも連絡がつかない状態。


ホークスの回想。

荼毘と電話をしている。

ホークスは荼毘に「ヒーローなんて仕事いっそ無くなっちまった方がいい」と話している。

それは自分を愚者に見せかけ荼毘が感じるリスクを下げリターンを求めるようにするため。

荼毘は最後の忠信のテストとしてN0.1以外のヒーローを頼むぜと注文してくる。


No.3ヒーローのベストジーニストが住む高層マンションを訪ねるホークス。

ベストジーニストの体調はだいぶ良くなってきいるらしい。

ホークスはお婆さん(リカバリーガール)に頼めばよかったと言う。

しかしリカバリーガールは失ったものまではリカバリーすることができない。

「人間肺が欠けても存外生きられる。そろそろ露出していくつもりだよ。私の矯正を持っている者が大勢いる」

ニヤリと笑い羽を広げるホークス。


「人ん覚悟は無碍にせんでほしか」

何かが入ったバッグを肩にかけ飛び立つホークス。


フードマンVS荼毘。

死柄木とスピナーがフードマンの氷を避けながらタワーに向かう。

解放戦士が群がられる二人。

そこへトゥワイスの分身が駆け付ける。

「これで少しは役に立つかなリーダー」

トゥワイスのことをすごいと言いタワーまでの道を拓けるか訊く死柄木。

死柄木はボスは自分がしっかり殺さないと、思っている。

スピナーはトゥワイスだけでいいんじゃね?と死柄木に言う。

「いーや…あいつはギランを好きすぎる…人の心を弄びやがって…許せないぜ解放軍」

そこへ選挙カーに乗った花畑がやってくる。

花畑の演説に乗せられ解放戦士が突撃してくる。

(あいつが演説する度に市民が勢いを増してやがる)

スピナーは死柄木をこれ以上消耗させないために自分がすべき事を考える。


一足先にトゥワイスがデストロのところへ到着する。

「ずいぶんハゲてんじゃねーかてめー。ハゲ教祖じゃねーか。失礼しました」

トゥワイス到着に驚くギラン。

「宮下と違って捻りがないな」と言い目の周りがズズと黒くなるデストロ。

煽り 遂に到着!!

僕のヒーローアカデミアについての関連記事