【ブラッククローバー ネタバレ 207話】初代魔法帝ルミエル&リヒトでも倒せない悪魔強すぎる【ジャンプネタバレ】|アニコパス アニメ漫画のネタバレ感想 海外の反応まとめ

アニコパス アニメ漫画のネタバレ感想 海外の反応まとめ

おすすめ大人気アニメ、ジャンプやマガジンなどの漫画の最新話のネタバレ含む感想、考察(Twitter、5ch)、海外の反応をまとめています。もっとアニメと漫画が楽しくなるアニメ漫画の専門ブログ!早売りバレ、画像を含む画バレなど悪影響のある情報は掲載しません。

【ブラッククローバー ネタバレ 207話】初代魔法帝ルミエル&リヒトでも倒せない悪魔強すぎる【ジャンプネタバレ】

ブラッククローバー(ブラクロ) ネタバレ 207話 初代魔法帝ルミエル&リヒトでも倒せない悪魔強すぎる

今週の週刊少年ジャンプ掲載の『ブラッククローバー(ブラクロ)』第207話「究極魔法」のネタバレ含む感想まとめです。

ブラッククローバー(ブラクロ) ネタバレあらすじ 207話「究極魔法」

煽り 拮抗…!?

悪魔の触れるモノ全てを分解する槍でもアスタの剣は分解されず。

『離れなさい』でアスタを吹っ飛ばし刃の嵐で攻撃する悪魔。

アスタの能力は厄介だが単品では取るに足らないと悪魔。

刃の嵐をさばくアスタ、ユノ、ルミエル、リヒト。

ユノはリヒトの魔力について圧倒的に強大、しかし圧迫感はなく研ぎ澄まされた刃みたいな魔力だと感じる。

それと同時に懐かしさを感じている。

セクレはルミエルの傷を魔法で閉じて回復させる。

セクレの力を見て興奮するアスタ。

氣と目つきが知り合いに似てるんですけどとセクレに訊くアスタ。

戦いに集中してと頬っぺたをつねられるアスタ。

セクレの魔法を便利な能力だと言う悪魔。

しかし私にとっては矮小で無価値な魔法だと揶揄する。

ルミエルに皆が各々の力を皆の為に活かせたらイイ国になると思わない?と言われた時のことを思い出すセクレ。

他人から奪うことしかできない存在のクセに、見下し踏みつけ弄んできたものに今日敗れると悪魔に言うセクレ。

悪魔の発動したあちらがわの魔法は悪魔を倒さない限り無限に増え続ける。

下の階にいる仲間たちに届くのも時間の問題。

リヒトはエルフ達全員(ユノも)の魔力を宿魔で集結させ究極魔法を放つ。

フエゴレオンは倒した二人を運んでいる。

光っているシャーロットに「チョー眩しいんだけど」と言っているヤミ。

剣究極魔法、宿魔の剣、覇劫で悪魔の身体が消滅。

悪魔の周囲の空間も切り裂いてしまう。

が、悪魔の心臓を消滅させることはできずそこから復活されてしまう。

魔法の威力、与えるダメージに関係なく再生できる悪魔。

リヒトの宿魔の剣を見て何かを思いついた様子のアスタ。

アスタは断魔の剣に可能性を感じ反魔法をこめる。

『魔力の無いオレだから出せる力がある!!!』

煽り 可能性を示す時…!!

ブラッククローバーについての関連記事

ブログ記事に含まれる転載、引用元は2ちゃんねる及びTwitterになります。

掲載方法はそれぞれのガイドラインに即したものになります。

2019年06月03日|コメント:0
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

Copyright © アニコパス アニメ漫画のネタバレ感想 海外の反応まとめ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます