【ブラッククローバー(ブラクロ) ネタバレ 206話】最強初代魔法帝ルミエル&リヒトの共闘 やっぱりアスタが異質すぎる【ジャンプネタバレ】|アニコパス アニメ漫画のネタバレ感想 海外の反応まとめ

アニコパス アニメ漫画のネタバレ感想 海外の反応まとめ

おすすめ大人気アニメ、ジャンプやマガジンなどの漫画の最新話のネタバレ含む感想、考察(Twitter、5ch)、海外の反応をまとめています。もっとアニメと漫画が楽しくなるアニメ漫画の専門ブログ!早売りバレ、画像を含む画バレなど悪影響のある情報は掲載しません。

【ブラッククローバー(ブラクロ) ネタバレ 206話】最強初代魔法帝ルミエル&リヒトの共闘 やっぱりアスタが異質すぎる【ジャンプネタバレ】

ブラッククローバー(ブラクロ) ネタバレ 206話 最強初代魔法帝ルミエル&リヒトの共闘 やっぱりアスタが異質すぎる

今週の週刊少年ジャンプ掲載の『ブラッククローバー(ブラクロ)』第206話「時空を超えた再会」のネタバレ含む感想まとめです。

ブラッククローバー(ブラクロ) ネタバレあらすじ 206話「時空を超えた再会」

煽り 悪魔の魔法に飲まれたヤミは…。

ヤミとシャーロットが悪魔の魔法によって捕縛されてしまう。

ヤミが咄嗟に魔法で防御壁をはったため無事だった。

しかしその空間が狭いため二人の距離は恋人の距離に。

近いぞ人間、もう少し広く出来ないのか、と文句を言うシャーロット。

中身違ってもトゲツン女王じゃんコイツ、とシャーロットの態度にドン引きしているヤミ。

ヤミの負傷した腕をシャーロットが治療している。


煽り 決戦の場に強者集う!

初代魔法帝を見て大興奮するアスタ。

アスタはセクレの存在に反応する。

セクレの魔法は開け閉めするだけのものだったが、ルミエルと過ごすことで進化した。

セクレの魔法はどんな封印も解き放つことが可能。

セクレがリヒトの封印を解除し完全に目覚めさせる。

リヒトは「ありがとう、ルミエル」とお礼を言う。

次は二人揃って葬ってあげますよ…!と悪魔。

リヒトはパトリの正義の刃が許されない罪だとしても私はこれだけは言いたい、「よく頑張ったね」と抱きしめる。

パトリ大号泣。

初代魔法帝とリヒトが悪魔との戦闘に入る。

ルミエルは光魔法 マナゾーン アヴィオールの灯 グロリアを発動。

リヒトは剣魔法 開闢の一閃 連撃を発動。

ルミエルは最上級禁術魔法、リヒトはその魔力を吸収した者のためあちらの影響を受けている。

そのため悪魔にダメージを入れることが可能。

アスタ達は初代魔法帝たちの戦いがすごすぎて入っていくことができない。

ルミエルが悪魔の胸を光魔法の剣で貫く。

しかし悪魔の言霊魔法の槍で左腕を斬り飛ばされてしまうルミエル。

悪魔の槍は魔法を分解することが可能。

そこへアスタ乱入。

断魔の剣で悪魔の槍を受け止める。

アスタの反魔法に動揺をみせる悪魔。

煽り 光明は…!?

ブラッククローバーについての関連記事

ブログ記事に含まれる転載、引用元は2ちゃんねる及びTwitterになります。

掲載方法はそれぞれのガイドラインに即したものになります。

2019年05月27日|コメント:0
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

Copyright © アニコパス アニメ漫画のネタバレ感想 海外の反応まとめ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます