源君物語 ネタバレ344話 香子さん、まさかの音信不通


2019年5月8日(木)発売号週刊ヤングジャンプ掲載の『源君物語』最新第344話「本当の気持ち」についてのネタバレ感想まとめです。【源君物語345話ネタバレヤングジャンプ画バレ伏線早売り】
早売りバレ、画像バレの掲載はありませんがコミック派の方はネタバレ注意。

源君物語 最新第344話「本当の気持ち」 ネタバレあらすじ

煽り いやよいやよも好きのうち…?

自分が香子さんを好きであることを否定する光海。

動物は近親交配を避けようとする生き物。

本能的に光海は近親である香子さんが好きだという感情を抑えてしまっているのだと説明する明石先輩。

明石先輩は、てるみさんの本当の気持ち大切にしてください、と光海の腕に胸をあててんのよ。

(今年の夏のこと…ウチ…一生忘れません)


翌朝。

バイト期間を終了しバスで帰路につく光海。

香子さんが好きだということをまだ認められない様子。

最初は怖い人だと思ってたが香子さんの要求に応えようと思うようになり認められたいと思うようになっていったんではないかと自問する光海。

駅のホームに降りたところで月子さんから電話がかかってくる。

「香子さんが先週から音信不通?」

煽り 再会と別離は表裏一体…ままならぬものよ。

次号、香子さんは一体どこに…?