ドメスティックな彼女230話ネタバレ ナツオとヒナの同棲開始 ミサキのその後が判明

2019年5月22日発売号週間少年マガジン連載中の『ドメスティックな彼女』最新第230話「約束して」のネタバレ、感想まとめです。【ドメスティックな彼女第229話ネタバレ最新話画バレ考察予想】
画バレ(画像バレ)、早売りバレなどの掲載はありません。コミック派の方はネタバレ注意です。

ドメスティックな彼女ネタバレ 第230話「約束して」

ナツオ&ミサキ誘拐事件でヒナは姉としてナツオを1人にはしておけないと心配になった。

そこでナツオと一緒に暮らすことを決意した。


ヒナは両親にもナツオ誘拐事件について話す。

両親にもナツオに起こったことを全部話す。

両親はまたナツオとヒナが男女の関係になるのではと不安そう。

ヒナはあくまで姉として守っていきたいのだと両親を説得。


変な気を起こす気はないと言うヒナ。

しかし仕事に行くのに着替えた際、パンツを脱ぎ捨ててしまっている。

それに呆れるナツオ。


大学。

演劇の新入生勧誘講演が行われている。

ナツオは2年から何を担当するかまだ決めてない。

芹沢はナツオに役者を勧めてみる。

もし役者になったら芹沢に教えてもらおうかなと言うナツオ。

その言葉に芹沢が照れる。


大学の帰りに誘拐事件のお礼をしにマスターの店を訪ねるナツオ。

ミサキはマスターに拾われラマンで働いている。

ミサキの薬物使用の裁判はまだだが保釈されている。

再犯しないためにマスターが面倒をみている。

大学で忙しくなるフミヤの負担も減らすことができる。

しかしフミヤはミサキと会うためシフトを増やした。

そんなミサキを見てナツオは、自分もルイのことを忘れられないが落ち込むのはやめて前に進むことを決意する。


晩御飯の用意をしているナツオとヒナ。

危険なことが二度と起きないようお互いに困ったことがあったら何でもすぐ相談しようと約束する二人。

ナツオは早速、パンツの件について話す。

男女の同居なのだからお互いに気を遣おうと約束する。

ヒナは押入れで寝ている。

次の朝、ヒナは胸丸出しの恰好で寝ていた。

煽り 誘惑多めな同棲スタート