【ブラッククローバー(ブラクロ)204話 ネタバレ】ネロ=セクレ、初代魔法帝=ルミエルと判明!リヒトとルミエルの過去が悲しすぎる ジャンプネタバレ|アニコパス アニメ漫画のネタバレ感想 海外の反応まとめ

アニコパス アニメ漫画のネタバレ感想 海外の反応まとめ

おすすめ大人気アニメ、ジャンプやマガジンなどの漫画の最新話のネタバレ含む感想、考察(Twitter、5ch)、海外の反応をまとめています。もっとアニメと漫画が楽しくなるアニメ漫画の専門ブログ!早売りバレ、画像を含む画バレなど悪影響のある情報は掲載しません。

【ブラッククローバー(ブラクロ)204話 ネタバレ】ネロ=セクレ、初代魔法帝=ルミエルと判明!リヒトとルミエルの過去が悲しすぎる ジャンプネタバレ

ブラッククローバー(ブラクロ)204話 ネタバレ ネロ=セクレ、初代魔法帝=ルミエルと判明!リヒトとルミエルの過去が悲しすぎる

今週の週刊少年ジャンプ掲載の『ブラッククローバー(ブラクロ)』第204話「終焉の望み」のネタバレ含む感想まとめです。

ブラッククローバー(ブラクロ) ネタバレあらすじ 204話「終焉の望み」

煽り 思い起こされる伝説と復讐の始まり…!

ネロの回想。

500年前の王宮。

ネロの正体はセクレという名の女性。

500年前はセクレの頭に角は生えていない。

セクレの封緘魔法は物を開け閉めできるだけ。

初代魔法帝の名前はルミエル。

役に立たない魔法だっため貴族だったが奉公人としてルミエルに仕えた。

セクレの珍しい魔法に目を輝かせるルミエル。

鍵の開け閉めの魔法なんて下品ですと言うセクレ。

そんなことないさ、君の可能性まで閉ざしちゃいけないよと言うルミエル。

上手いこと言ったみたいな顔しないで下さいとツンケンするセクレ。

ルミエル自作の服も変だと言ってかなりツン属性が強い。

ルミエルは魔力や魔法属性に恵まれない人々にも様々な魔法を使用できるようにする道具の研究をしていた。

目標は平等な世界の実現。

セクレはその研究を手伝うことに。


真っ直ぐなルミエルを嫌う家族もいたが自分の理想を絶対に曲げない強いルミエル。

そんなルミエルを次第に認めていくセクレ。

ある日、ルミエルがテティアを連れて外出するのを見て後をついて行くセクレ。

するとルミエルたちがエルフたちと交流しているところを目撃してしまう。

同じ思想と理想を持ったリヒトはルミエルの初めてできた対等な友人だった。

楽しそうに話す二人を見てほんわりするセクレ。

魔力を貯め込み分け与える魔導具、異界と繋がり魔法を増幅させるエルフの魔石が合わさり魔法と魔導具の技術が二人の理想に向けて進展していった。


テティアとリヒトの結婚式の日、父に呼び出さたルミエルが王宮に向かう。

ここで悪魔に拘束されてしまうルミエル。

悪魔は大臣に乗り移っていた。

ルミエルはこれから式場が襲撃されることを聞かされる。

ルミエルの王国最強の魔力でも悪魔の拘束を解くことができない。

ルミエルの前から消える悪魔。

助けを呼ぶルミエルの下にセクレが駆け付ける。

ルミエルたちが作った魔導具が持ちされてしまったらしい。

ルミエルはセクレの魔法で拘束を解除してもらう。

光魔法でリヒトの下へ急いで向かうルミエルとセクレ。

しかし式場は既にエルフの死体で地面が見えないほどの地獄と化していた。

5つ葉のグリモワールも既に誕生してしまっている。

悪魔に憑りつかれたリヒトの腕にはテティアの亡骸が。


ルミエルを発見したリヒトはこの惨劇を起こしたのはルミエルではなかったと安堵する。

悪魔に寄生されているが何とか意識を保っている。

一瞬でも疑ったことを許してくれと謝るリヒト。

負の魔によって身体の自由が利かないリヒトは悪魔に身体を渡さないために禁術を発動、魔神に変貌した。

そして「ルミエル、私を殺してくれ…!!!」と告げる。

煽り 英雄と魔神。刻まれる悲痛な伝説。

ブラッククローバーについての関連記事

ブログ記事に含まれる転載、引用元は2ちゃんねる及びTwitterになります。

掲載方法はそれぞれのガイドラインに即したものになります。

2019年05月13日|コメント:0
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

Copyright © アニコパス アニメ漫画のネタバレ感想 海外の反応まとめ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます