2019年4月27日発売の週間少年ジャンプ連載中の『約束のネバーランド(約ネバ、ネバラン)』第133話「あそぼ」のネタバレ感想、反応、考察をまとめています。『約束のネバーランド第134話ネタバレ画バレ考察伏線』
画バレ(画像バレ)、早売りバレなどの掲載はありません。
コミック派の方はネタバレ注意です。

約束のネバーランド ネタバレあらすじ 133話「あそぼ」

迷い込んだのは─。

ハウスに行きついたエマとレイ。

ドアを開けハウスの中に入る二人。

希望への片道切符、いざ未踏のハウスへ─。

中には誰もいない。

様子を確かめようとしたその時、上からキャハハハッという不気味な声が響いてくる。

そして階段から落ち来る目玉。

驚いて倒れたエマ、床がドアに変わりその中へ姿を消してしまう。

二階からレイを呼ぶエマの声が聞こえてくる。

二階へ向かうレイだったがいきなり空間がゆがみ始める。

そしてイザベラと子供たちが出現。

おかえりレイと言ってレイをハグするイザベラ。

レイはすぐさまイザベラを突き放す。

子供たちは「あそぼ」と言ってレイにひっついてくる。

次の瞬間、レイの姿が幼いものに変化。

イザベラと子供たちの姿は骸骨に変化する。


エマは無数にあるドアを開けレイを探していた。

エマは銃でドアを破壊し蹴りでぶち抜く。

その向こうでレイを発見。

今度はエマが幼い姿に変化しレイが元の姿に戻る。

次の瞬間にはエマの姿も元に戻っている。

周りには小さなぬいぐるみのような者が無数に出現。

その一つが読めない文字の鬼だと気付くエマ。

ななつのかべはこのなかにあると言いマンホールへ案内される二人。

答えは導きの先に?

約束のネバーランド 133話 5chのネタバレ感想反応まとめ