【ゴールデンカムイ ネタバレ】196話感想反応まとめ 「次号、尾形、嗤う」に震え上がる女性ファン続出【ヤングジャンプネタバレ】|アニコパス アニメ漫画のネタバレ感想 海外の反応まとめ

アニコパス アニメ漫画のネタバレ感想 海外の反応まとめ

おすすめ大人気アニメ、ジャンプやマガジンなどの漫画の最新話のネタバレ含む感想、考察(Twitter、5ch)、海外の反応をまとめています。もっとアニメと漫画が楽しくなるアニメ漫画の専門ブログ!早売りバレ、画像を含む画バレなど悪影響のある情報は掲載しません。

【ゴールデンカムイ ネタバレ】196話感想反応まとめ 「次号、尾形、嗤う」に震え上がる女性ファン続出【ヤングジャンプネタバレ】

2019年4月18日発売号週間ヤングジャンプ掲載の『ゴールデンカムイ』最新第196話のネタバレ、感想、考察まとめです。【ゴールデンカムイ第197話ネタバレ|最新話|画バレ|考察|予想】
画バレ(画像バレ)、早売りバレなどの掲載はありません。コミック派の方はネタバレ注意です。

ゴールデンカムイ 最新第196話「モス」 ネタバレ あらすじ

杉元とアシリパさんに学ぶニヴフ文化。

杉元がニヴフの村で子供が何をやっているのかアシリパさんに尋ねている。

ニヴフの子供の仕事でハマムスという皮なめし器で魚の皮をナメしていると教えるアシリパさん。

ニヴフの人たちは北海道のアイヌより魚の皮をたくさん使用する。

魚の皮で作った靴や鞄などもある。

杉元が魚の帽子をかぶり乙女チックな表情をしている。


ニヴフの伝統料理であるモス。

モスは魚の皮だけを煮込んでこねて潰しコケモモ、ガンコウランを混ぜてアザラシの油で味付けし冷やして固めて作る冬にしか食べることができない寒天みたいなお菓子のこと。

モスを食べて「もす!うふふ…」と鯉登がご機嫌に。

もすという響きから父親のことを思い出して興奮している。

アシリパを奪還し先遣隊として良い結果を出した、それを父上に報告できるのが嬉しいと言う鯉登。

それを聞いて誇らしく思ってくださるはずですよ、鶴見中尉もさぞかし喜ばれるでしょうと言う月島。

その言葉でさらに上機嫌になり月島の顔面の上に「モスを食べろ」と言って乗っける鯉登。


ニヴフのおばさんがキズ薬を作っている。

シロヨモギを潰して傷口に塗りキズを治す。

おばさんはこの薬では尾形のことは治せないと言う。

尾形の症状は唇がカサカサに乾燥し顔面の右側が少し腫れている。

尾形をこのまま放っておくと死んでしまうため医者に診てもらわねばと言う杉元。

しかし密入国の日本兵なため反対する鯉登。

危険を犯してまで尾形を助ける必要はないと。

月島のことも一度医者に診てもらう必要があるため渋々納得する鯉登。

そこで杉元はニヴフの恰好をして亜港まで行き医者を探すことに。


エノノカも通訳として同行。

ロシア人の医者に患者が一杯だから無理だと断られる。

「ほっとけば死ぬから来てくれ。金ならたくさん出す」と言ってニヴフの村に連れて行こうとする杉元。

お金を出すのは当然鯉登。

杉元が日本語を話しているのに気付くロシア人医者。

このロシア人医者は日露戦争にも行ってたため日本語だとわかった。

バレてしまったため銃を向け脅す杉元。


登別。

二階堂と宇佐美が菊田特務曹長について話している。

四日も戻ってきていない有古の捜索をずっとしている菊田。

有古を死んだ者扱いする宇佐美。

宇佐美は鶴見中尉に電報を打ち現状報告をしていた。

鶴見中尉が近々登別に来ることに。

有古が死に足を怪我し囚人にも逃げられてしまってまた鶴見中尉に叱られてしまうと言う宇佐美。

しかし言葉のニュアンスとは違いかなり興奮している。

宇佐美が目を見開く効果音はクパアッ。

ゴロンゴロンする宇佐美。


有古はもちろん死んではいない。

有古のアイヌ名はイポプテ。

菊田が自分の村に探しにくるまで待っていた。

トニアンジの人皮も回収済。

なぜ剥がした?説明しろと言う菊田。

死体の刺青を確認していて模様が正中線で途切れていることに気付いたため獣の皮と同じように剥げという意図が込められることを察した有古。

山奥のため遺体を運べず皮だけ剥いで持って帰ってきた。

宇佐美たちに手柄を横取りされないために菊田が探しに来るまで待っていたと説明う有古。

菊田はトニアンジの銃について訊く。

有古は菊田がそう言うと思って探したが雪崩に埋まってしまって見つけることはできなかった。

戦利品は皮とスカーフだけ。

スカーフを首に巻く菊田。

有古をよくやったと褒める菊田。

トニアンジの人皮は鶴見中尉への手土産に。


医者に診てもらう月島と尾形。

月島は医者に連れ去られた女の子を取り返しに来た、回復したらおとなしく日本へ帰ると説明する。

尾形の容態はかなり悪く亜港の病院で手術が必要。

鯉登が尾形を亜港に連れ行くことに反対する。

「尾形にはいろいろ聞くことがある。まだ死なせない」と怖い顔で言う杉元を見て黙る鯉登。


尾形を犬ぞりで運ぶことに。

杉元、アシリパさん、白石、鯉登も同行。

鯉登は尾形を救っても改心して本当のことを話すなんて期待してるほどおめでたくはないよな?と杉元に訊く。

「救いたいのはあいつじゃねぇ」とかっこいい顔で言う杉元。

それを聞いてか笑う尾形。

テイネポクナモシリにいくのは俺達だけでいい。

次号、尾形嗤う。

巻末コメント

4月18日はお香の日、先生がリラックスできる匂いを教えてください。

朝のナパームの匂いは最高だ。

ゴールデンカムイ関連公式サイト

ゴールデンカムイ公式サイト

ゴールデンカムイ アニメ公式サイト

となりのヤングジャンプ

ゴールデンカムイ 最新第196話 5chのネタバレ感想考察まとめ

ブログ記事に含まれる転載、引用元は2ちゃんねる及びTwitterになります。

掲載方法はそれぞれのガイドラインに即したものになります。

2019年04月18日|コメント:0
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

Copyright © アニコパス アニメ漫画のネタバレ感想 海外の反応まとめ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます