2019年3月28日(木)発売号週刊ヤングジャンプ掲載の『源君物語』最新第338話についてのネタバレ感想まとめです。【源君物語339話ネタバレ,ヤングジャンプ画バレ伏線早売り】
早売りバレ、画像バレの掲載はありませんがコミック派の方はネタバレ注意。


源君物語 最新第338話「今の声」 ネタバレあらすじ

センターカラーは着物用下着がはだけ胸が見えている明石先輩。

薄布に焦れる乙女の柔肌。

「布団、一緒に入ります?」


机に負けた…とショックを受けている光海。

煽りはイケねぇ指はただの指だ!

光海は一人一人違うんだということに気付き再び布団に潜る。

そして明石先輩の両足を掴み御開帳させる。

光海はパンツの上から明石先輩の局部をペロペロ。

これが明石さんの匂い…かと変態性もみせる。

光海は明石先輩のパンツをめくり直でペロペロ。

思わず大きな声が漏れる。

隣にバレたかと思うが、それでももうやめたくないっとパンツを脱がし本格的にペロリストになる光海。

光海の舌が明石先輩の中に入り悶える明石先輩。

時計の針は十時を回る。

明石先輩が悶えて動いたことにより布団から離れた位置まで移動してしまっている。

どうですか?と明石先輩に訊く光海。

少しの無言の後に、こ…こっち…と光海を誘う明石先輩。

勝った!!

次号、光海のマグナムが!?

源君物語 最新第338話 5chのネタバレ感想反応考察まとめ