2019年3月6日発売号週間少年マガジン掲載の『寄宿学校のジュリエット』最新第95話のネタバレ、感想、考察まとめです。【寄宿学校のジュリエット第96話|最新話|画バレ|考察|予想】
画バレ(画像バレ)、早売りバレなどの掲載はありません。コミック派の方はネタバレ注意です。

寄宿学校のジュリエット ネタバレあらすじ 95話「露壬雄と模擬試合3」

藍瑠から連携してボールを奪った犬塚とペルシア。ペルシアは一直線にゴールに向かうのではなく校舎を回り込みゴールに向かう。

犬塚は兄さんが勝負を仕掛けた意味に気付けたと藍瑠に言う、ならば示してみせろと叩き伏せられる犬塚。

犬塚は蓮季に皆に集まってほしい場所があると伝えてくれと頼む。


競技映像は上空からドローンで空撮している。そのドローンのカメラから二年生チームの姿消える。


二年生チームは犬塚の指示で雑木林の中に集まっていた。個人の力では先輩たちには勝てない、このままではダメ、チームワークを高める必要がある皆に話す犬塚。

チームワークなど存在していると思うか!?と反論するスコット。学園は犬塚とペルシアの関係を認めたが今までいがみ合ってきた自分たちがそう簡単に割り切れるものではないと言うスコット。


そこへ胡蝶と手李亞が上から来るぞ!でボールを狙う。ピンチにスコットは犬塚のチームワークをやってやってもいいぞと言い出す。だから囮になれ!と言い犬塚を手李亞たちに投げつける。

犬塚をぶつけられ動けなくなった手李亞たち、スコットとペルシアはゴールへ向かう。雑木林を抜けて待ち受けていたのはレックス。

蓮季がペルシアからパスを受けスコットの背中を踏み台にしてレックスを跳び越す。リーダーであるオレ様によこせと蓮季からボールを奪おうとするアビ。そこへスコットも割って入り仲間同士で何やってんの!?状態に。

スコットたちがバカやっているところへ何も分かってない、失望したぞと藍瑠が鬼の形相で手を伸ばしてくる。

しかし藍瑠の手を犬塚がガードで受け止める。自分を庇った犬塚にボクが凄いクズに見えるだろと怒る。

犬塚は目指す方向が同じなら足並みも揃えられる、皆の手本になれるように…とスコットに言う。

そこへケットが割込みボールを奪取。

モブ生徒たちは犬塚たちに感動し応援をし始める。しかしスコットだけ死ね!と言われている。


藍瑠にこのままゴールに向かうと言うケットだが、藍瑠は二年生チームの目の色が変わったから何が起きるか分からないぞと言う。

寄宿学校のジュリエット ネタバレ 95話 感想&考察 まとめ「」