週間少年マガジン連載中の『はじめの一歩』最新第1255話「伊賀、反撃!?」のネタバレ感想、考察をまとめています。2019年2月27日発売。【はじめの一歩ネタバレ1256話|最新話|画バレ|考察|予想】
画バレ(画像バレ)、早売りバレなどの掲載はありません。コミック派の方はネタバレ注意です。

はじめの一歩 第1255話「伊賀、反撃!?」 ネタバレあらすじ

伊賀が殴られても表情を変えないことが気に入らない間柴。顔面から血が出て腫れてきても表情を変えない伊賀に「もっと痛いぇ顔しろよ!」とイラつく間柴。

伊賀はガードを固めて一歩と同じように頭を振って間柴のパンチを回避しつつ前へ出てくる。一歩も自分と同じ動きだと気付く。青木もまるで一歩だという感想。

これが間柴攻略法、弱点の一つなのかと木村。

間柴も一歩のことを思い出し、嫌なものを見せてくれると心の中で言う。間柴は強めのフリッカーパンチを打ち伊賀を押し込もうとする。

しかし伊賀のガードは固く後退させることができない。

マロンは伊賀に泣きごとを漏らすな、言われた通りにやればいいんだと心の中で言っている。

伊賀は間柴のフリッカーパンチをギリギリで回避、間柴の懐に潜り込むことに成功する。僕と同じなら…と一歩。

一歩の予想通り、間柴はチョッピングライトを繰り出す。伊賀はチョッピングライトを屈んで回避。

離れていれば地獄だが入ってしまえば天国だとマロン。

再び一歩は僕と同じなら…とその後の展開を予測する。

伊賀は攻撃態勢に入る、がしかしそこへ間柴の左アッパーが飛んでくる、そして伊賀の顎をとらえ炸裂する。

伊賀から血しぶきが巻き上がり伊賀の身体が上へ浮き上がる。強烈な一撃で伊賀はダウン、後楽園ホールは大歓声に包まれる。

見事なダウンシーンに興奮する泰平と金田。まるで自分が殴られたかのような一歩を見て心配する泰平。まさにそういう気分だよと一歩。

次号休載。

巻末コメントはイラストをたくさん描いたよMリーグ。

はじめの一歩関連公式サイト

はじめの一歩 アニメ公式サイト
はじめの一歩 マガメガ

はじめの一歩関連公式ツイッターTL

はじめの一歩 第1255話 ネタバレ 感想&考察 まとめ

963: はじめの一歩ネタバレ

序盤優勢でそこから苦戦のお決まりのパターン

977: はじめの一歩ネタバレ

また懐に入られるの前提な死神の鎌()か

982: はじめの一歩ネタバレ

普通は吹っ飛ぶほどの衝撃を頭部に受けたらKOなんだが
いつものようにすぐ回復するんだろうな

985: はじめの一歩ネタバレ

ライト級だったら間柴なんてそう大きい方でもないのに
何でこんなリーチに差があるのか意味わからん
伊賀と間柴ってそんな身長変わらないだろ

986: はじめの一歩ネタバレ

間柴のリーチって鷹村と同じなんじゃなかったっけ

987: はじめの一歩ネタバレ

6メートル四方のリングで中央に立ったら全て射程範囲とかダルシムもびっくり

989: はじめの一歩ネタバレ

間柴ってリーチがめちゃめちゃ長いけど
身長自体は意外とチビなんだな
そういう選手実際にいるよな
ヒョードルもチビだけど意外とリーチ長い

998: はじめの一歩ネタバレ

どうせ間柴勝つだろ、アウトタイプの選手で経験豊富なら自身の弱点なんぞ百も承知の上