2019年2月20日発売号週間少年マガジン連載中の『七つの大罪』最新第301話のネタバレ、感想まとめです。【七つの大罪第302話|最新話|画バレ|考察|予想】
画バレ(画像バレ)、早売りバレなどの掲載はありません。コミック派の方はネタバレ注意です。

七つの大罪 第301話 ネタバレ あらすじ

絶体絶命のピンチに颯爽登場したバン。メリオダスの身体から魔神王を追い出すと言ったバンを貴様一人でどうやって?と笑う魔神王。

ホークはバンとの再会に涙を流して感謝している。バンはホークをゴウセルにパス。

キングはバンが不死身だとしても一人ではどうにもできないと心配する。バンは生命の泉を全て使ってエレインを復活させたことを暴露する。その言葉に驚愕するキング。

魔神王に一人で向かっていくバン。魔神王は腕を組んで超余裕の構え。

魔神王は毒性のある猛烈な嵐を巻き起こす。

エリザベスとディアンヌもキングのパレン・ガーデン内に退避。しかしキングの魔力も限界にきていてかなりきつそう。パレン・ガーデンもヒビが入ってきている。

マエルとリュドシエルも何とか無事。まだ外にいる版を心配して涙を浮かべるディアンヌ。バンなら大丈夫ですよねと言うエスカノールだがゴウセルの反応は微妙。魔神王が起こした大嵐はどんな生物も耐えることはできないだろうとゴウセルは言う。ショックを受けるエスカノール。

しかしゴウセルの予想を裏切り余裕そうなバン。煉獄に比べれば可愛いものだと言う。

魔神王の棘の腕を回避し逆に殴り返すバン。魔神王のバンの拳を受けた腕がビリビリと痺れる。さらには魔神王の嵐が止んでしまう。

リュドシエルはマエルが展開した聖域で身を守っている。嵐が止み魔神王とタイマンで対峙しているバンを見て驚くリュドシエル。

キングはついに限界がきてパレンガーデンも消滅してしまう。

魔神王とやりあえているように見えたバンだったが棘の腕の攻撃が腹と背中に直撃し膝をつく。

魔神王は我を本気でどうにかできると思っていたのかとバンを煽る。しかし次の瞬間、急に苦しみ始める魔神王。

一人じゃねーよと返すバン。

服装も少年の姿に戻っているキング。ディアンヌたちは魔神王の中にいるメリオダスの気配を感じている。

精神世界で対峙する魔神王とメリオダス。魔神王の姿は老人で普通の大きさになっている。恐怖と死をもたらすのが我の使命で役割であると言う魔神王。

メリオダスに攻撃する魔神王だったがメリオダスのカウンターでワンパンKO。それがお前の罪だと言うメリオダスでシメ。

七つの大罪 関連公式サイト

七つの大罪 マガメガ 七つの大罪 アニメ公式サイト

七つの大罪 公式ツイッターTL

七つの大罪 第301話 ネタバレ感想まとめ「」