2019年2月18日発売の週間少年ジャンプ連載中の『約束のネバーランド(約ネバ、ネバラン)』第123話「大事な選択」のネタバレ感想、反応、考察をまとめています。『約束のネバーランド第124話,画バレ,考察,伏線』
画バレ(画像バレ)、早売りバレなどの掲載はありません。
コミック派の方はネタバレ注意です。

約束のネバーランド ネタバレあらすじ 123話「大事な選択」

私は鬼を殺したくない、でも仲間が食べられるのも嫌、どうすればいいかわからないとレイに泣きつくエマ。

しかしその答えはレイにもわからない。エマの言う通り七つの壁も詰み状態、農園を破壊しても約束を結びなおしても遠からず鬼は滅ぶ。人間の世界に逃げても鬼との戦争になるかもしれない。つまりノーマンの方法しかない。

どうしようもないんじゃねと明るくエマの肩をポンと叩くレイ。そんなレイにじゃあなぜ私の気持ちを聞いたのかと尋ねるエマ。


エマの心の奥にしまい込んだ本音はすぐに出てきてしまった、それは諦めきれないということ。もしそのまま放置すればこの先何倍にも膨れ上がり爆発するかもしれない。エマの場合最悪なタイミングで爆発し一番ダメな方向に一人で突っ走る可能性が高いと指摘するレイ。

そうならないためにとことん自分の気持ちに向き合うべきだと言うレイ。

改めてどうしたいのかエマに尋ねる。全滅は嫌、争わない選択肢を探したいと真っ直ぐな目で答えるエマ。しかしやっぱりどうすればいいのかわからないと言う。

そこでレイはそれを含めてもう一度ノーマンと話そうと誘う。それと人間を食べなくても存在し続け捕食したものの形質を受け継ぐことのないソンジュとムジカについても話そうと言うレイ。

もしソンジュとムジカが鬼の例外として存在しているならその鬼がどのくらいいるのか、人間を食べたい鬼なのかは非常に重要な問題。農園を潰しても存在し続け人間の脅威のままであるならノーマンの作戦も無意味になる。

このことをノーマンに知らせることで場合によっては共存のヒントが聞けるかもしれないと言うレイ。その言葉に喜ぶエマ。レイは鬼との共存は無理だと思っているがソンジュとムジカには恩があるためエマに力を貸すという考え。


そして二人はノーマンの執務室に入る。そこにはノーマンの姿はなくヴィンセントと肉を貪る黒髪長髪の女性、ムキムキの男性がくつろいでいた。

エマとレイは自己紹介する。女性は肉をエマたちに差し出してくるが遠慮する二人。

ノーマン不在のため退室しようとするエマ達だが女性と男性に止められソファに座らされる。

二人はGFのお坊ちゃん達にキョーミがあんのよと不穏な雰囲気。

約束のネバーランド 123話 Twitterのネタバレ感想まとめ「」