2019年2月9日発売の週間少年ジャンプ連載中の『約束のネバーランド(約ネバ、ネバラン)』第122話「本心」のネタバレ感想、反応、考察をまとめています。『画バレ,考察,伏線』
画バレ(画像バレ)、早売りバレなどの掲載はありません。
コミック派の方はネタバレ注意です。

約束のネバーランド ネタバレあらすじ 122話「本心」

扉絵はローブを纏い険しい表情を浮かべるノーマン。


3人で楽しい時間を過ごした翌日、エマは人生で初めての寝坊をした。言っている。急いで起きるが皆も安全な場所での睡眠のため同じように寝坊していた。オリバーだけはちゃんと起きていた。

ザック達がエマをベッドに運んだがその時にはもうノーマンはいなかった。


執務室で既に仕事をしているノーマン。

そこへヴィンセントがやってくる。クリスとドミニクの容態が安定したらしい。

ノーマンが普段のボスメネルヴァの姿に戻っているため「つまらん」と言うヴィンセント。

はしゃいでいるボスを自分も見たかったと言うヴィンセント。

からかうな、無駄口はいいとノーマン。


量産農園に侵入した時に鬼たちにGF脱走者の姿を見られてしまいその生存が明らかになってしまった。

そのためノーマンの鬼殲滅計画を早めることにする。仲間の血を流すわけにはいかないと真剣な表情のノーマン。

ノーマンは宛先不明の手紙をヴィンセントに渡し会談の手配についての件を頼む。


エマはノーマンの計画にはやり乗り気ではなかった。

レイはそれに気づいていた。

エマは鬼を殺したくない、鬼に食べられたくない、出荷も狩りも嫌、しかし人間と鬼に違いはないという考えを持っている。

鬼は人間と同じように生きるために人間を食べているだけ、それを殲滅していいのだろうかと疑問に感じている。

エマがあの場で言えなかったのは皆がノーマンの計画に賛同し七つの壁の可能性も高くはない、約束を結びなおしても鬼は退化し滅んでしまい結局ノーマンの計画と同じ末路になってしまうと考えたためだった。

エマは自分でどうすればいいか分からなくなりレイに他に選択肢はないか尋ねる。

約束のネバーランド 122話 Twitterのネタバレ感想まとめ「エマやっぱりか」