週間少年ジャンプ連載中の『BORUTO ボルト』第31話「対峙!!」のネタバレ、感想、考察をまとめています。2019年1月28日発売。【ジャンプ,早売りバレ,画バレ,考察】
画バレ(画像バレ)、早売りバレなどの掲載はありません。
コミック派の方はネタバレ注意です。

BORUTO 第31話 「化物(バケモン)…!!」 ネタバレ 感想 まとめ

木ノ葉の里に襲撃してきたデルタ。

デルタは殻の中枢メンバー内陣(インナー)の一人。

インナーの連中は全員化物だと言いビビっているカワキ。

デルタとナルトのタイマン勝負になる。

デルタの連続蹴りを受け止め地面に叩きつけ螺旋丸を繰り出すナルト。

しかしナルトの螺旋丸はデルタの特別製の科学忍具の眼に吸収されてしまう。

さらにデルタはカワキと同じように足も科学忍具化していて変形させることができる。

クラマモードになりデルタと戦闘するナルトだがデルタの足に腹を貫かれてしまう。

クラマのチャクラでデルタの足を破壊するナルト。

しかし膝をついてしまいそこをデルタに畳み掛けられ踏みつけの状態にされる。

科学忍具を腹に刺されグリグリされて悶絶するナルト。

しかしこれはナルトの演技、デルタを油断させカワキについてなど聞き出そうとしていた。

ナルトの態度にキレたデルタは全開でラッシュを打ち込んでくる。

そして先ほど吸収した螺旋丸を眼から発射、ギリギリで躱すナルト。

トップクラスの戦いに完全に固まってしまっているボルト。

次回、まさかの事態が発生する模様。

次話は2月25日発売のジャンプに掲載。

BORUTO 第31話 「化物(バケモン)…!!」 ネタバレ 感想 まとめ