週間少年ジャンプ連載中のブラッククローバー 最新話 第180話「研ぎ澄ます刃」のネタバレ、感想、反応、考察をまとめています。2018年11月5日発売。『181話 まとめ 画バレ 考察 伏線』

画バレ(画像バレ)、早売りバレなどの掲載はありません。 コミック派の方はネタバレ注意です。

漫画は公式提供のものを楽しみましょう

ブラッククローバー 公式ツイッター

ブラッククローバー 最新話 第180話「研ぎ澄ます刃」ネタバレ あらすじ 概要

ジャンプ表紙には椅子に座っているアスタ。

煽り 我、王国の守人。

Cカラーはヤミ、ジャック、ノゼル、フエゴレオンが一列になって敵に向かっていく迫力のある構図。

煽り 騎士団最強が、戦場を駆ける。

フィンラル父はランギルスの圧倒的な空間魔法に驚愕している。ランギルスの空間魔法を相殺できる空間魔道士はクローバー王国にいない、自動防御はまさに最強の盾だと。

フィンラルは父母とフィーネスを避難させランギルスと戦おうとする。「黒の暴牛の運び屋のオマエではランギルスは─」と言いフィンラルを止めようとする父。「運び屋だとか副団長とか関係ない。今オレが戦うのはランギルスの兄だから」とかっこいいことを言うフィンラル。

ヤミが「うちの運び屋なめねーでくれます?」と言い父と母を逃がす。フィーネスは「生きて戻って来てね」とフィンラルに言う。王様も避難させようとするがランギルスがそれを阻止。ジャックがデスサイズ狂い裂きでランギルスを攻撃すると同時に王様の後ろの壁を崩壊させ逃がすことに成功。

ジャックの斬撃もランギルスは抉ってしまう。人間たちが戦う気でいることに激怒したランギルスは試験の時に放った魔法、大天使の撃墜を放つ。それを堕天使のはばたきで相殺しようとするフィンラル。しかしランギルスの魔法を半分も止めることができない。

残った空間魔法をヤミは闇魔法黒穴でジャックは強化魔法脚力上昇で回避する。さらにヤミは闇纏無明斬りを放つがランギルスの魔法で削られ無力化される。

長期戦は不利だと考えるヤミ。ジャックは魔法の性質そのものを天性の感覚で変化させどんな魔法も切断することができる。そしてジャックはここに至り特異な空間魔法も切断することが可能になった。

ジャックが空間魔法を切り裂きヤミがそれと同時に攻撃を仕掛ける。ランギルスの自動防御魔法を剥がすことに成功。しかしあと一手足りずに終わる。フィンラルの空間魔法ではランギルスを倒すことはできない。

ランギルスの大天使の撃墜で横腹を削られるフィンラル。トドメを刺そうとするランギルス。しかし目の前にヤミとジャックが出現。フィンラルが防御を捨て2人を移動させた。

「だが遅い。死ね」と殺しにかかるランギルス。「仲間と一緒にオマエを救う」と諦めないフィンラル。

煽り 刹那の攻防を制するのは―!?